MENU

着物の状態によって買取価格は異なるが、どうすれば高く買い取ってもらえるのか

着物の買取は、高く買い取ってもらえる場合があります。
まず一つ目に、ブランド物である事。

 

ブランドかブランドじゃないかだけで、価格が大きく変わります。

 

また現在流行している物かどうか。
柄や色合いによって変わります。
例えば、今年の夏はヒョウ柄が流行していて、色はホワイト。

 

着物の色はホワイト系でヒョウ柄であれば、その時期に売ってしまった方が高く買い取ってもらえます。

 

流行していない時期に買取を行っても、安い金額になってしまう恐れがありますのでご注意下さい。

 

ドル札と同様です。
円高の時に替えるよりも、円安の時を狙って替えますよね?

 

同じ事です。

 

どういう状態で高く買い取ってもらえるか?

 

(着物の状態や質が大事!)

 

生地によって、価格が変わります。
正絹は着物定番の生地になります。

 

これが一番高く買い取って頂けますよ。
麻も正絹程ではありませんが、高く買い取ってもらえると言われています。

 

安い着物だと、生地が「ウール」や「ポリエステル」の物が多いです。

 

やはり、この辺だと安い値になってしまう事が多いですね。
自分が持っている着物に生地が何なのか記載されていると思うので、まずはここをチェックしてみてくださいね。

 

次は着物のサイズです。

 

着物も大きいものから小さいものまで数多くあります。
その中で一番買取価格が高くなるのは「大きい着物」です。

 

小さい着物だと、採寸し直して自分のサイズに作り直す事は出来ません。
しかし、大きいサイズであれば、仕立てをやり直す事が可能です。

 

保存の状態が良いか悪いか。
この辺りも高額査定のポイントの一つになります。

 

シミがない事。
シワが一切ない事。
傷などほとんど新品状態である事。
この3拍子が揃っていると高く買い取ってもらえます。

 

シミが一つでもつていると減点になってしまいます。
シワも事前にクリーニング店などで伸ばしてもらうと良いです。

 

最後のポイントは、しつけ糸です。
まったく着物を使っておらず、しつけ糸がついた状態であれば、高額買取可能ですよ。

 

(ブランドはやっぱり高く買い取ってもらえる!)

 

有名な方が作った着物は高く買い取ってもらえます。
その中でも、有名作家さんのものは確実と言っても良いでしょう。

 

伝統工芸品も同じです。
貴重な衣という事で買取価格は自分が想像しているよりもはるかに高いかもしれません。

 

アンティークも同様です。
ブランドによって1着10万円以上で買い取ってもらえる場合があります。

 

箱にきちんとしまってあり、証紙があるとさらに高く買い取ってもらえます。

 

(流行のものはその時期に売るべし)

 

通常、流行する衣類は翌年には新しい物へと変わっていますよね?

 

しかし着物は違います。
一度流行すると5年程度の周期があります。

 

ですから5年以内に買取査定を行いましょう!
来年にはもっと高くなるかも・・・
再来年にはさらに高くなるかも・・・と引き延ばしていると、いつの間にか流行が終わって安い価格になってしまいます。

 

上記はあくまでも、昔ながらの着物話です。

 

現代はまた違います。
現代柄はコロコロ変わりますよね?
翌年には新しい柄が流行し、その翌年にはまた新たな柄が流行します。

 

なので、今流行っている柄は今年中に買取を行った方が良いですが、難しいですよね?

 

例えば水玉模様が今年の夏流行する!と言って夏までに水玉の着物を入手するでしょう。
そして7月8月はそれを着てお祭りに出かけます。

 

9月になって売ろう!と思っても安い値段でしか買い取ってもらえない可能性が高いです。

 

また来年水玉模様が流行すれば良いですが、それは現代では難しい事なので、どうしても安くなってしまうんですね。

 

一番良いのは古典柄です。
流行に関係なく常に流行しているため、いつ買取をしても高い価格になると思います。

このページの先頭へ