MENU

反物を高く買取する方法とは?

反物の買取価格はどれぐらいになる?

 

着物の買取は、値段の変わりようがすごいです。
安い物から高い物までありますからね。

 

確実に〇〇円以上になります!という事は言えないのです。

 

反物着物は通常の着物よりは高く売れると言われています。
相場でいうと、20000円以上が目安になります。
必ずしも20000円以上というわけではないので、状態によっては数千円になってしまう事も・・・。

 

沖縄の着物は高価買取率が高いです。
おおよそですが、50000円ぐらいが平均です。

 

アンティークの着物も高価買取率が高いですね。
ただし差が激しいです。
おおよそですが10000円〜30000円程度でしょう。

 

振袖や留袖な、みなさんがご存知の着物は平均で10000円ぐらいですね。

 

そう考えると反物は平均が20000円以上なので、高額の方でしょう。

 

反物は着物と違って仕立てる前の物です。
ですから、買取後に自由自在に仕立て直すことができます。
そこが最大のメリットと言えるでしょう。

 

着物の買取では、大きいサイズの方が高く買い取ってもらえるのです。

 

反物ならサイズがある程度大きければ、仕立てもしやすくなります。

 

仕立て後の着物と仕立て前の着物では10000円前後買取価格が変わる事もあります。

 

高く売る反物とは?

 

反物を高く売る方法ですが、素材がとても重要ですね。
高級布といえば「絹」でしょう。

 

素材が絹であれば、高価買取の可能性は高くなります。
絹によって値段が本当に違うので、査定した時にこんなに違うの!?と驚かれる人も多数いらっしゃいます。

 

絹というのは、重さで値段が変わります。
単位は「もんめ」と言います。
数字が高ければ高いほど、価値が高いと考えて下さい。

 

素人が自分で計ろうとすると、難しいです。
ここはプロの方に任せるのがベストですね!

 

素材は本当に大切です。
事前に調べておく事ぐらいはできますよね?
もし絹ではなくポリエステルだったら・・・値段はつけられない可能性が高いです。
ポリエステルはお手頃価格で購入できる着物ですし、貴重とは言えません!

 

伝統工芸品のものは高く買い取ってもらえますし、有名作家もですね。
この辺は、貴重で価値のある着物と判断されています。

 

ブランドで表すと「大島紬」です。
帯の反物なら「紅型染」「丹後ちりめん」が高く買い取ってもらえるでしょう。

 

その中でも何十万円という価値になる「結城紬」は高額を期待しても良いです。

 

ある方が「結城紬」を買取査定したら15万円以上だったという結果が出ていますからね。

 

これらを証明するもの、それが証紙です。
買取をする前に、証紙がきちんとあるかだけ確認しておきましょう。

 

ないと値段はガクッと下がってしまって価値も薄くなりますので、忘れずに・・・。

このページの先頭へ