MENU

20歳の時に着た振袖のその後・・・

成人式で、振袖を着ますよね?
母親が使っていた振袖を使用する人もいれば、新しく購入する人もいると思います。

 

でも振袖って20歳の時ぐらいしか着ません。

 

結婚したら振袖の長さも変わりますから、また新しく購入します。

 

使わなくなったものを、ずっと家で保管しておくのも微妙じゃないですか?

 

いつか自分の子供のために・・・と保管しておいても良いですが、10年20年先の事はわかりません。

 

また10年以上綺麗に保管しておく事はとても難しいです。
とくに着物の知識がない人は、タンスの中にしまっておけば良いだろうぐらいしか思っていません。

 

そのまま放置しておくと、虫に食われていたり、臭いがきつかったり。
子供が「こんな柄ださくて無理」と断られる可能性だってありますよね?

 

その年その年によって、柄や流行り色も違うので。

 

なら、売った方が良いです。
質屋や、リサイクルショップという言葉が頭によぎると思いますが、着物の買取はオススメしません。

 

やっぱり着物は着物専門店で行うのが良いです。
ここなら、きちんとした方が査定してくれるので、高価買取の可能性も十分にありえる話です。

 

今年使った振袖は、来年になったら流行じゃないかもしれません。
そうなると値段が下がってしまいますので早いうちに買取するのが賢明です。

 

親使っていた振袖を自分も成人式で着た場合、買取なんて・・・と思うかもしれません。

 

でも上手に保管できなくて、シミや汚れがどんどんひどくなったら、以前使っていた母親もがっかりしてしまいます。

 

保存の仕方をきちんと理解していて、また着る機会があるという人は無理に買取する必要はないですよ。

 

でも今のゆとり世代の方達は、着物の保管管理はできない人が多いです。
着付けすら自分で出来ない方が多いですからね。

 

なら高い値段で買い取ってもらって、その買い取ったお金で新しい流行の着物を買っても良いと思いますよ。

 

買取価格は、それぞれ違いますが、交渉もできます。
例えば買取価格は17000円でと言われたら「もう一声お願いします!」「20000円だったらお願いするんだけどなぁ〜」とうまく話をつければ、OKがもらえるかもしれません。

 

会話力が必要ですけどね。
筆者も一度だけ着物の買取をした事があるんですけど、値段交渉はしましたよ!

 

やって後悔は絶対にないので。
言われた値段よりもあげる事ができたらお得じゃないですか(笑)

 

あとは、査定する時に1つのお店だけじゃなく2つ3つのお店で一気に査定しましょう。

 

その中から一番高く買い取ってもらえる場所で値段交渉をします。

このページの先頭へ